【職場いじめ】監視カメラ!PCの遠隔操作!退職の意志を伝えた途端に始まった社長や同僚からのマウント&ハラスメント攻撃

【大人の職場いじめ】パワハラマウント攻撃!「退職の意志を伝えたら社長と同僚から猛烈嫌がらせされた実体験」

【大人の職場いじめ】パワハラマウント攻撃!「退職の意志を伝えたら社長と同僚から猛烈嫌がらせされた実体験」

妻の妊娠が発覚し、そのときに就業していた会社へその旨を報告することにしました。

病院にも付き添いたかったし、会社の方へは何度か有給を頻繁に申請する必要があると思ったからです。
私の中にも性善説というか、会社側も理解してくれるだろうという思い込みもあったのは事実です。

しかしながら元々ワンマンな会社でイエスマンな同僚や、過去の自慢話や不幸話が止まらないマウント気質の同僚やら色々と気にかかることだらけ・・・

妊娠をきっかけにというわけではありませんが、起動を修正して丁度良い機会ということでゴタゴタにまみれて退職を願い出たらハラスメントの嵐を受けました。
パワハラ、モラハラ陰口嫌味妬みイジメなどなど・・・該当するワードをあげたらキリがありません。

同じような目に合っている人もそうですが、実際に攻撃をして嫌がらせをする当事者は特に自身が悪に染まっているなんて気づいていやしません。
この記事を読んで少しでも、自分自身の行いに目がいって言動を見直す機会になってほしいと願うばかりです。

ワンマン社長

現在は退職していますが、以前に就業していた会社の社長はいわゆるワンマンタイプで自分以外の人物を一切信用できないタイプです。
何事も自分中心でなくては気がすまない。思い返すとかなり病的で感情の浮き沈みも激しかったと記憶しています。

入社したときも仕事自体なにもありませんでした。自身を凄腕の営業マンだと思いこんでいるフシがあるようで、「仕事はいくらでもとってくるから任せておけ」というのが口癖です。
そして舌の根が乾かぬうちに、「仕事は自分自身で作り出すものだ」「私は忙しくて時間がない」「自分たちで仕事を作って会社に還元しろ」と責任を逃れる始末です。

気分屋でよくその場のノリのような感覚で「東京オリンピックもあるから英会話事業だ!」と言っていた矢先に、テレビをみて感銘をうけたらしく「これから健康食品事業をはじめる!」とかブレブレで周りを振り回す社長でした。

ひょんなことから、このワンマン社長が運営する会社に就業することになったのですが驚くことに入社してみると仕事がなにもなかったのです。
嘘でしょ!?と思われるかもしれませんが、まったくのノープランで人を採用している神経に私は理解することができませんでした。

仕事がなにもない状況なのに、なぜ会社が運営できているのか謎に思われるかもしれません。
実はこの社長もうひとつの顔をもっていて、メインの会社はアダルト事業で稼いでいるようでした。

稼いでいるという事実から自分自身にものすごく自信があるようで、人の意見は一切受け入れないという面倒な気質もありました。

言葉巧みに人材を募り、はいってみたら何もない空っぽの会社。
プライドが高く、斜め方向の自信に満ち溢れている社長は口から出る言葉は嘘ばかりです。

仕事がない状況も、入社したてで理解に苦しむ私たちに責任を押し付ける始末です。
さあ!この状況をどうしたい。稼ぐも稼がぬも君たち次第だよ。みたいな姿勢です。

そして、あろうことか私以外にも同時期に3人を採用していました。
三者三様に、会社の現状とワンマン社長に振り回せれる毎日に戸惑っていました。

思い返せば、この時点でブラックであることを認識して早めに退職していればよかったと後悔するばかりです。
同時期の同僚の人間関係をいうと、一人Sさんとは関係が良好だったのですが、Kというのがまた始末に負えない面倒な人物でした。

社長のご機嫌取りに終始するマウント犬

このKという人物は、正にご機嫌取りや太鼓持ちという言葉があてはまる最低の人物でした。
しかも仕事ができないくせに他人の意見を否定しまくり、揚げ足をとることに全精力を傾けます。

自分の能力が低いことを周囲にしられないよう、常に虚勢を張って他人を見下すことで自分自身のポジションを確立しようと切磋琢磨しているのです。
そういう人物は人の話を遮ったり、全て自分の手柄にするような話し方が得意でもあります。

この口先だけの人物は、社長の前や会議など権力や支配力をもった人に対しては媚びへつらいます。
打ち合わせなど、他人の意見を公然と否定できる打ち合わせでは水を得た魚のように真価を発揮します。

他人を否定することで自分の価値が高められると信じているのはもはや哀れでしかありません。
典型的なマウント気質の人間といえるでしょう。

気に入られたいので、社長の意見にはいつだって何だって手もみしながら大賛成を決め込みます。
そして賛成と言いつつ自分はその仕事を担当せずに、「忙しい」「自分にはもっとやることがある」とノラリクラリ言い訳をつけて仕事は他人に回す。

よく使っていたのは、「自分は人に指示する役目が似合っている」「前職では人を取りまとめる役職についていた」とか意味のわからない言葉です。
失敗したらお前の責任。成功したら自分の手柄がモットーなのでしょう。

基本的にプライドが高く、他人の見下すことで自分の価値を高めようとする人は過去の自慢をしがちです。
そんなことより今のあなたはどうなのよ。と言いたいところですが本人は耳を貸すことはありません。

こちらとしてはこんなヤツに関わっている時間はもったいないからと、面倒なのでスルーしていましたが。
Kは自分が仕事をしないで済むと「自分の凄さが伝わった」とか「してやったり」と思っているのは表情や態度から伺えました。

こんな具合に、社長発案の穴だらけの仕事をかつぎあげて周りに撒き散らされる現状というのはたまったものではありません。
失敗してもKの格好の餌食となり公然と否定され、成功してもKの引き立て役に終わるのです。

会議に居合わせた社長も、その場の雰囲気で発言した過去の意見なんて無責任に忘れています。
失敗してもはなから自分の意見とは思っていません。Kの口車に乗せられ一緒になって責任追及と人格否定しまくる始末です。

職場がこんな雰囲気では良いアイデアも浮かびづらいですし、率先して自分の意見など言えるような状況ではありません。
仮に良さそうな意見がでても、その場ではKが否定し何日か後の会議で自分の意見として発表するのです。

自分はなにもせずに、手柄を横取りして評価されるという全くもってやり甲斐のない職場でした。

こんなKは生粋のイエスマンのマウント犬でもあるので、反論しない人が大好きな社長には気に入られていました。
私ともうひとりのSさんとは良く一緒に「気持ち悪い関係だな」「こんなやり甲斐のない職場もう辞めよう」と話していました。


不健康自慢が止まらない寂しい人

入社して半年くらいだったと思います。急に社長が新しい人を入社させると宣言しました。
こういうときのパワハラワンマン社長は、やけに張り切っていてテンションが高くて気持ちが悪いのです。思い出しただけで寒気がするくらいです。。。

わたしは仕事もないのに入社させる必要はないのではと反論しましたが、自己中の極みである社長が聞くはずはありません。
この時点ですでに事後連絡ですので、宣言後に新しい人はしれっと入社となりました。

なんでも新しく入社したOは、社長の過去の同僚で先輩関係にあたるそうです。しかも病気を患っているらしく在宅で作業するとのことでした。

このOも、Kと並ぶくらい面倒な人物でした。確かに病気で身体は大変かもしれません。
とても表現が難しいのですが恩着せがましく、「自分って可愛そうでしょ」「病気なのに凄いでしょ」的発言を繰り返します。

仕事も在宅なためオンオフができないのか「今日は調子が悪かったのに徹夜してしまった」「病院で点滴をうってきたのに頑張って締切に間に合わせた」というアピールがすごかったです。

病気なら規則正しい生活をして、たっぷり睡眠とバランスの良い食生活などを心がけて仕事で最大限のパフォーマンスが出せるよう尽力してほしいところですよね。

自分凄いでしょというマウントアピールについては言い出したら止まりません。

その話はもう何度も聞いてるから・・・と心の中でツッコミまくった話が「昔はヤンキーだった」「前の職場では国と仕事をしていた」「自分の命はあと何年もつかわからない」という類の話は何百回と聞いてきました。

マウント犬のKもそうですが、人の話を遮ってまで自分の自慢話や長話をぶっこんでくる神経にはホント困りました。
病気であることを最大限の武器にして、始末に終えない困った人物とはまさにこの人です。

仕事自体も自分は出来るという確信とプライドをもっていたため、ミスを指摘しても自分だとは絶対に認めません。
「出来るけど自分がやるべきではない」などと言って、いつも仕事をしない理由を探しているような人でした。

仕事を受けたとしても自信満々に、つまらないものをあげてきます。
間違いを指摘しても「あえてそうしている」「センスのない君にはわからない」「自分はすごい人間だから間違えるはずがない」と面倒な長話に付き合わなければなりません。

その度に、自分の凄さをわからせようと過去に何度も話した自慢話がまた再開するのです。

面倒くさいので仕事を出さないようにしていると、かまってちゃん気質もあるので最近仕事の依頼がこないと社長に都合の良い告げ口をします。
KもOも社長に気に入られているため、なぜ仕事ができる人物が担当しないのかと意味のわからない仲良しさを発揮するのです。

要はイエスマンの仲良しクラブのような、お互いに気持ちが良いグループで気分良く毎日過ごせたら良かったのでしょう。本当に可愛そうな人たちだと思いました。

思い通りにならなければ辞めさせる

口だけで何も成果をあげられない2人の問題児と、ワンマン社長の結束力は異常なものがありました。
わたしと、唯一社内でも普通に接することができたSさんも尻拭いの毎日にほとほと疲れ果てていました。

そして性懲りもなく、またまた気まぐれで新入社員がはいってくることとなったのです。
この段階で何を言っても無駄ということがわかっているので誰の口からも反対意見は出やしません。

もう末期の症状かと思います。ここまできてしまうと会社の自浄作用は皆無になっています。

ワンマン社長の気まぐれでは、会社に女性の意見を取り入れたいとのことを熱弁します。
社長のイエスマン2人は手もみで持ち上げます。「教育はまかせてください!」「これで会社の発展は間違いないですね!」

誰が教育を任されるのか。こんな会社が発展できるわけないだろ。と心の内では叫びまくりです。
このあたりになると私も何を言っても無駄とおもっているので適当に流して受け入れるという、ある意味ダメな人物に成り下がっていました。

ほどなく新しくはいってきたIさんは、とても積極的に仕事をこなして頑張っていました。仕事自体は未熟でしたが、意欲にあふれていて私もSさんも認めていました。
しかし社長は認めていなかったようでした。なにせ自分の思い通りに動かない人は仕事ができないというレッテルを貼る人です。

Iさんは自分の意見をはっきり言う人。あいまいな指示については具体的に納得のできる話をしてくれるまで、自分が正しく理解するまで話を聞き返せる人です。
一方、社長は指示もあいまいで何事も抽象的です。大まかに指示をだすから、「あとは個々で言わんとしてることを判断しろ!」という典型的なダメな上司です。

そのうち、Iさんは言うことを聞かないダメな社員ということで一方的に辞めさせるという判断をすると社長から連絡がありました。

そもそもIさんを採用したのは社長の判断でした。でも、言うことを聞かないのはお前らの教育が悪いと意味のわからない言いがかりをしてきたのです。
私はIさんのことを評価していたので、さすがにその判断は許せないと反論しました。堪忍袋の緒が切れるとは正にコレです。

社長の目論見としては、まわりの人も同意しているという事実を作りたかったようです。でも私は断固として反対しました。
頑張っている人を評価せずに、一方的に自分の感情のみでやめさせるなんてあってはなりません。

全員が解雇に納得すると思っている時点でズレています。

Iさん自身も職場の異質な状況を察知していたようで、私の方へはよく相談がありました。私やSさんも会社はやめたいと思っているし、あきらかにこの会社はおかしいとも思っていたことも伝えました。

いい機会だったので、私はあらぬ責任をとって辞めようと思いました。そのことを社長へも伝えました。

それがパワハラモラハラ嫌がらせ地獄への階段となりましたが・・・


歯向かうものは裏切り者の犯罪者

辞めるのを伝えた途端に怒涛のモラハラパワハラのハラスメント攻撃は始まりました。
そしてずっと私は気づいていなかったのですが職場には社員の同意なく、監視カメラが設置されていたことも判明しました。

社長は時折、会社へ顔を出さなくなる期間が度々ありました。もちろん事前に連絡などもありません。いつ顔をだすかもわかりません。
会社や社員のことを逐一把握していなければ気がすまない面倒な人物なので、不在でも報連相は欠かすなが口癖です。

しかし何をしているのかわかりませんが、連絡をしても音沙汰なしの完全無視がほとんどです。
把握厨であり社員のことを基本的に信用していないので、その間の職場の様子を監視するべくカメラを設置したのでしょう。

退職の意思を伝えた当日の話です。私が席を立ったり、近くの人と話をするような素振りをみせると、突然自分のPCが操作不能になりメモ帳が立ち上がり連絡がはいります。「今何をしていた」という具合です。

色々と突っ込みどころがある事態ですが、わたしも冷静に対処しようと心を落ち着かせます。
わたしが「監視カメラをつけていたなんて知らなかった」「何故そんなことをするのか」とメモ帳に書きなぐりながら聞くと「情報漏洩を防ぐため」「会社の安全を守るため」という回答が返ってきました。

監視カメラと同様に、時折パソコンが勝手に遠隔操作される事態についても全く驚愕するばかりです。
というわけで、使用しているパソコンも絶えず遠隔操作で監視されることも判明しました。監視しているのは社長と仕事の出来ない口先だけのマウント犬のKです。

過去の発言を思い返すことで何故こんなことをしているのかが分かります。

社長は公然と「私は何事も把握していなければ我慢できない性分だから、逐一何かあれば報告しろ」「人の言うことを聞きたくないから会社を作った」と真顔で繰り返し話していました。
自分は把握するために「報告・連絡・相談」をこと細かく強要してきますが、自分のことは一切話さない横暴っぷりです。

社長が今なにをしているのか、担当していた仕事がどうなったか一切話しません。まあ、うまくいったときだけ自慢げに話しますが・・・。

それらから推測すると監視カメラも遠隔操作も「ただ自分が把握したいだけ。知りたいだけ」ということがわかります。
社員に断りをいれるなどすれば、多少なりとも違うのですが一方的に進めるということはパワハラと捉えられても仕方がないことです。

この監視期間は地獄のようでした。なにをするにしても監視がつきまといます。しかも他の社員とは一切口を聞くことを許さないと社長から言われました。
驚きなのは職場とプライベート両方で他の社員と連絡をとりあう事を禁止すると言ってきたのです。パワハラも甚だしい論外のモラハラ命令で呆れ返りました。

LINEも見られいました。社内の連絡用にPCから見れるようにしてあったのですが、ある時に見ていない内容が勝手に既読になっていたことに気づきました。
そして社長から「他の社員と連絡することは禁止したはずだ」とネチネチ言われるのです。これに関しては本当に気持ち悪かったです。

この地獄は退職日まで続きました。社長という立場を利用して一個人の興味本位を満たすために圧力は続いたわけです。1日も早くやめたいという気持ちになりました。

社長の犬であるKやOも、この間は生き生きとしたように嫌がらせ行為をしてきます。私を困らせたりストレスを与えれば社長に評価されると思ったのでしょう。
実際に私を困らせて、うつ病に追い込んだり精神的ダメージをあたえたら評価するというお触れが出回っていたようです。

社長からガンガン嫌がらせしろと命じられて、自分は必要とされていると喜んでいたのかもしれません。
人の心に傷を負わせて、それが評価される会社が存在すること自体驚きですよね。しかし、本当に起こったことなのです。

嫌がらせは日々エスカレートしてきます。事前説明もなく専門外の仕事を命じられることもありました。
指示通りやっても「そんな事は言っていない」「一体何を聞いていたんだ」とネチネチと全否定してきます。

仕事がおわって内容を提出しても、難癖をつけてやり直しを命じられます。傍から見ても異常に感じる行為でしたが、本人たちは自分たちが正義と信じて疑いません。
私の仕事内容なんてどうでも良いのです。嫌がらせをして傷つけてダメージを与えることが目的だからです。

そんな有様をSさんと、Iさんは傍から見ていて二人共会社を辞めるという決意をしました。
まともな神経を有していればこれは当然といえます。

ある時、もう耐えられないと労働基準監督署に問い合わせをしました。電話に出た担当者には相談しても「退職するまで耐えるしかあなたには選択肢がない」の一点張り。

労基の担当者も親身にサポートしてくれる雰囲気はありませんでした。相談しても解決に導いてくれることはないようです。
むしろ話しぶりから、面倒くさいやつから電話かかってきたとくらいの冷めた対応に感じました。

そんなこともあり、私は辞めるためならこのハラスメント攻撃から耐えようとおもったのです。
頭の中では1日でもこの職場から逃れたい。退職と転職の言葉でいっぱいです。もう戦う気力も失せていた・・・というのが残念ながら事実かもしれません。

辞めた後も残る精神的な傷

ハラスメント攻撃を耐え忍び、なんとか退職日まで辿り着いた時は本当に嬉しかったです。
辞めて帰宅する途中の電車では、終着駅まで下車するのを忘れてしまったほど呆然としていました。

「あれ?降りるの忘れてた・・・」という具合に、自宅までの最寄り駅で下車するのを忘れていたのです。
それくらい頭が真っ白になって、あの悪夢を忘れたいという衝動にかられていたのかもしれません。

家についた途端に、あろうことか社長からLINEがきました。会社の情報漏洩を防ぐために自宅PCを遠隔操作してチェックさせろとの連絡です。
これについてはさすがに私の呆れ返りました。既に会社を辞めているという事実以前に、自宅のPCを覗かせろと迫ってきたのです。

当然答えは「NO」に決まっています。受け入れると思っている神経がどうかしていますね。最後の最後まで哀れな人と思いました。
断っても「お前は会社を裏切って信用がないから犯罪者と同じなんだ」「裏切り者に断る義務はない」というメチャクチャな理由で攻めてきます。

わたしからしたらもう退職したということで、気分は晴れやかですし何いってんだコイツくらいの気持ちでいます。
もうかかわってくれるな。返事面倒くせ。というくらいで無視を決め込みました。

辞めてから数日どころか数カ月は、どっと疲れが出ていつでも眠いという状態が続きました。時差ボケみたいな感覚です。
精神的ストレスというものは中々拭い去るのは難しいと実感しました。

職場でのいじめや嫌がらせが数ヶ月ではなく何年も続いたとなると、その精神状態はどんなものになるのかゾッとします。
妻のためにも自分のためにも辞めて本当によかったと感じています。

その後も社長からのLINE攻撃はおわりませんでした。
「お前の仕事のミスが発覚した」「30万の損害だ」「ミスしたことを謝罪しろ」などなど・・・。

まともに相手にする必要もないし、気力もありません。うっとおしいのでブロックしましたがね!w
というかここまできてしまうと、ストーカーといった犯罪行為に踏み入っているのではないかと思いましたが関わりたくなかったので私も深入りはしないことにしました。

よく社会や学校で嫌がらせやイジメを受けて世に訴えるという行為をする人がいると思います。私はそういった人たちをとても尊敬します。
わたしは気力すら湧かずにすっかり気が滅入ってしまったからです。

世に訴えなければパワハラモラハラセクハラといったハラスメントの類も、根絶することはできないでしょう。
傷ついた心や体で反撃に打って出ることが、とても勇気のいることであり精神力も必要なことであると身を持って実感しました。

強靭な心と体をもっていなければ、嫌がらせやイジメの当事者に対して立ち向かおうという気力は起きません。
なぜなら、その気力さえも削がれてしまうからです。

もし私と同じ様に、精神的にも肉体的にもダメージをおってしまった場合は自身の回復にまずは集中してほしいと願います。
いじめや嫌がらせをするような人物は必ず、その報いが訪れると信じましょう。

気力が充実して立ち向かえるようになったら、立ち向かえば良いのではないでしょうか。
人を攻撃することでしか存在価値を見いだせないような人物で、人生を棒に振るのはもったいないことです。

そんな人に時間をさくよりも、自身のより良い生き方について向き合う時間を大切にしたいものですね。

反省点や今後への活かし方

色々ありましたが自分もこれを機に成長しなければなりません。今後に活かすためにどうすればよいのかを考える必要があります。
一番は人と関わらないようにすればいいのですが、やはりそうもいきません。

振り返れば反省点も多々浮かんできます。

  • 社長がどのような人物が判別した時点で辞めるべきだった。
  • 自分の意見に賛成するものしか受け入れない人物は危険。
  • 面倒な人物には深入せずに軽くあしらう。
  • 基本的に人には悪い人はいないという性善説を持たない。
  • 誰かに攻撃されたり、トラブルに巻き込まれた場合には反射的に行動しない。
  • 自分に関わってきた人間に対してはどういうタイプの人間か冷静に分析をする。

現在はこんな経験は二度としたくないという思いから、対人関係のコミニュケーションに関する本を読み漁っている毎日です。。。
とにかく人を分析するための冷静さを身につけないといけないと痛感しています。

退職して、今後転職活動をするとしても疑り深く進めてしまいそうです。
人間不信に陥りそうですが、簡単に人を信用してしまうよりはマシと考えるようにもなってしまいました。

経験を踏まえて記事としてまとめた部分もあります。よかったら対人関係のトラブル防止という意味で参考にしていただければと思います。



世の中には明るみにならない星の数ほど、嫌がらせやイジメは存在しています。

パワハラやモラハラ、セクハラなどなどハラスメントの種類はあげれば切りがないほど誕生していますよね。
出くわさないで日々を過ごせることが出来るのであれば、それはなんとも幸せな人生といえます。

事故のように遭遇してしまった場合に慌てずに、冷静な判断をできるよう我を見失わないようにするにはどうすればよいのかをこの先も考えていきます。

はやく仕事復帰もしたいですが妻の出産も控えています。帝王切開のため傷をおった妻は身動きがとれないでしょう。産後の子供の面倒は私がみなければなりません。

まだまだ苦しい時は続きますが、前向きに生きていけるよう努力し続けます。

同じような境遇にいる人は、是非頑張らないでほしいです。
頑張れば頑張るほど、色濃く精神的ストレスが蓄積していきます。それだけ復帰する時間ものびてくるでしょう。

子供の学校でのいじめは既に社会問題化しています。
職場などでの「大人のいじめ」も同様に今後は社会問題化していくのは間違いないことです。

なによりも自分自身のために「耐える」のではなく「逃げる」という決断をしてほしいです。「逃げる」という行為は卑怯なことではありません。

嫌がらせの当事者は自分自身が「悪」であるという認識はまったくありません。
そんな人間に対して正面向かって話し合おうという姿勢は、負け戦に等しい行為です。

あなたの人生はあなたのものです。わたしの人生もわたしのものです。

自分の人生は、決して他人のものではありません。他人の欲求を満たすために頑張るのはやめましょう。