【背中バキバキ】高齢夫婦カラダにガタがくる!「赤ちゃんの重さと活発さで成長を再認識♪抱っこしてェのポーズ可愛すぎ☆オモチャ2つを口に入れようと泣く...など」(生後151日)

【背中バキバキ】高齢夫婦カラダにガタがくる!「赤ちゃんの重さと活発さで成長を再認識♪抱っこしてェのポーズ可愛すぎ☆オモチャ2つを口に入れようと泣く…など」(生後151日)

【背中バキバキ】高齢夫婦カラダにガタがくる!「赤ちゃんの重さと活発さで成長を再認識♪抱っこしてェのポーズ可愛すぎ☆オモチャ2つを口に入れようと泣く…など」

生後151日になりました。数えでいったらもう5ヶ月ですね。
うまれたころは抱っこするのも、おっかないくらい小さかったのに今となってはカラダもしっかりしてきました。

うちの子は小さめですが、もう体重は7キロちかくなってきています。
大声とともに手足も活発に動かして、寝返りはまだですが暴れると腰を浮かせてグングン上にいってしまいます。

これからもっと力をつけて成長していくのでしょう。我々高齢夫婦も体力つけていかねばならぬと思った出来事を今回は記事にしました。

赤ちゃん密着24時(生後151日)

生後151日です。この日も寝ぐずり&夜泣きな一夜でした。

オムツ事情も最近はウンチが少なくなってきて、この日は1回と少なめです。
オシッコはずっと20回程度なので変化はありませんが、量そのものは増えているように思えます。

睡眠の方は長い寝ぐずりの末に前日の夜20時に寝付いたものの、2時間後に目が覚めてしまいました。
ミルクを多めの140あげて落ち着いて朝まで寝てもらおうと画策しますが、また3時間くらいで起きてしまいます。

夜中の3時にはご機嫌に目覚めて、なかなか眠ってくれず朝7時くらいまで30分睡眠をくりかえしました。
なかなかヘビーな一夜でございました。

時間 尿 便 授乳 その他
0時        
1時        
2時    
3時 1回   1回
4時     1回 ミルク120cc
5時      
6時 1回    
7時 1回    
8時     1回 インクレミンシロップ ミルク120cc
9時 2回    
10時 1回
11時 1回   1回 ミルク120cc
12時 2回    
13時  
14時 2回 1回 1回 ミルク120cc
15時 1回  
16時   2回
17時 1回     ミルク120cc
18時 1回   お風呂
19時   1回
20時    
21時 1回     ミルク120cc
22時   1回  
23時      
合計 15回 1回 9回 体重6,750g(前日比-50)【睡眠】約10時間 【体温】36.7度 ミルク720cc

高齢夫婦は背中がバキバキ

日に日に重量感がましてくる赤ちゃんに対して、我々高齢夫婦は反比例するかのごとく体力が低下していきます。
というか我々の体力が下がるスピードよりも、成長スピードのほうが勝っているので今のところは何とかやっていけている気がします。

以前にも記事にしたように、すでに手首がもげそうという状態にかわりはありません。
騙し騙し、色々と工夫を凝らして抱き方をかえるなどして痛み止めなどはしなくて済んでいます。

腱鞘炎はひどくなる一方ではありましたが、かろうじて悪化は止まり抱っこをするときに変な辛さはなくなりつつあります。

手首の心配は慣れでなんとかなるかなと言う時に、今度は肩や背中がバッキバキになってきてしまいました。
気になるところがなくなると、意識は他にうつってしまうという人間のサガですかね。

しかしこのことも赤ちゃんの成長を再認識できる事態でもあります。
よくお話してくれるようになったし、暴れるようにもなった。体重もゆるやかになりましたが増えていって7キロ近くなってきています。

当然、カラダの重みも感じて腕もつらくなり節々がきになるのも当たり前と言えます。
痛みや違和感が赤ちゃんのカラダの成長を教えてくれているようなものです。

横抱っこをしていると、腕にのしかかる頭の重みを十分に感じ取れるようにもなってきました。
特に寝ている時はドッシリと、頭の重みがモロに腕に来るので「重くなったなあ」と思うことも多くなります。

縦抱きにすれば、支えている手首や背中に重みがのしかかります。

うちの子は7キロくらいですが、他の赤ちゃんはもっと重い子も当然いますよね。
大きな子を育てている親御さんから、そのくらいの重さで泣き言いってるなんてと笑われそうです。

妻のようにカラダがあまり強くなかったり、体力もそれほどない人が大きな赤ちゃんを育てるのは相当きついだろうなと思います。
うちの子は標準よりちょっと下あたりなので、もしかしたら楽な部類かもしれませんね。

成長すればするだけ、可愛さは増しますが色々と問題もでてくるものです。
片親だったりワンオペだったりと色々言葉はありますが、毎日本当にお疲れ様ですと心から言いたいです。

妻は妊娠中から現在の授乳中に至るまで、湿布などをはって騙し騙しやってきています。
病院などでも妊娠していても使用できるものを聞いていたりしていました。

痛みの感じ方や、痛みの出処は個人差あるかもしれませんのでひとえに湿布一択ではないと思います。
色んな人の意見を聞きつつ自分なりの対処法がみつかるとよいですよね。

わたしは薬や湿布などにあまり頼りたくない方なので、自身の自然治癒力をたかめる方法をさがしたりします。なので、食事やストレッチなどで対応することが多いです。

一方の妻はあまり耐えられない性格なので、薬や湿布に頼りがちです。
妊娠中もそうでうが、授乳中であることも念頭に病院と相談しながら選別しているようです。

あまり口にしたくはありませんが、40代は若くはありませんから年相応の対処法をみつけねばなりませんな・・・。

抱っこしてェのポーズ可愛すぎ☆

全般的に赤ちゃんはそうですが、うちの子も抱っこ大好き甘えん坊やです。
朝イチは特に寝起きから抱っこをせがみます。

両手を広げて、つぶらな瞳はこちらにむけて抱っこをせがんでくるのです。
これはもう親としてはたまりません。向こうも抱っこしてくれることがわかっているので、表情は終始ニヤけています。

私も可愛くてしかたがなく、朝から抱きしめてしまいます。
向こうも私の首元に額をこすりつけながら、眠気眼で顔を私の方に向けて目をパチクリパチクリしています。

この朝のご機嫌な状態をずっと夜まで保ってくれたら最高なのになあとか、親としては勝手なことを思ってしまいます。

妻も朝はだっこしたいので「はい!つぎ、わたし!」と毎朝、赤ちゃんの取り合いをしています。
そのうち「うざい」とか言い出すんでしょうね。いつまでこのウィンウィンな関係が続くのでしょうか。

お互いの気持を尊重しつつ、今後も良い関係を続けていきたいものです。
そのためには親も子供に寄り添って、気持ちを理解する姿勢をみせなければなりません。

成長すると子供がかわったかのような見られ方をしますが、もしかしたら親のほうが変わったと子供は思っているかもしれませんしね。

いつまで抱っこしてェとねだってくれるのか分かりませんが、今だけかもしれないこの瞬間の可愛さを大切にしていきたいです。

オモチャ2つを口に入れようと泣く

オーボールと歯固めのオモチャ、そしてガラガラはうちの子的に3種の神器に位置づけられているようです。

これら3つのオモチャは出来る限り一度に遊びたいようで、オーボール片手にガラガラもったりすることもよくあります。
ガラガラと歯固めのおもちゃを両手にもって遊んでいる時は、両方を口にいれこもうとします。

さすがに入らないだろ!と様子を見ていると、無理やりいれようとするが入らないというジレンマに陥るみたいです。
「オボェっ」「ウブェっ」とか言いながら何度もトライしますが、はいるわけありません。

そのうち「うぇーーーーーん」と泣く始末です。
それはさすがに大きくなっても無理だよと、教えてあげるのですがわかってくれているのでしょうか。

オーボールですら口にいれようとしますからね。その探究心には恐れ入ります。

無理くり口にいれこもうとする仕草をみていると、応援したくなりますが呆れ果てている自分も居ます。
欲望むき出しておもちゃに食らいつくハングリーな気持ちを、ずっと持ち続けて欲しいと親としては願うばかりです。

そろそろ新しいオモチャも買ってあげたいとおもっていますが、値が張る者は手が出しづらいですよね。
あたえてみてそっぽ向かれたときの衝撃に耐えれる自信がありません。かといって既存のものが飽きる前に与えたいし・・・で悩んでいます。

巷ではプーメリーの評判がすこぶる良いので気になっています。
でも気軽に買うにはちょっと高めだし、気に入ってもらえるか不安だ~

オムツ替える時やけに大人しい

赤ちゃんてオムツ替えの時も、手足をバタバタさせて暴れまわって大変というイメージをもっていました。
しかし今の所そのような状況には陥っていません。

まだ首もすわったばかりですし、寝返りもまだだからかもしれません。

うちの子はオムツ替えの時ものすごく大人しくなります。
たまにギャン泣きしているときは、腰をグイグイ天井につきあげて頭の向こうへと進んでいってしまう時もあります。

でも大概は静かにしているときの方が多いです。
つぶらな瞳をこちらにむけて ジッとオムツ交換の時を過ぎるのを待っているかのように見える時は愛おしくなっちゃいます。

今までウンコ噴射や、おしっこシャワーで結構な仕打ちをうけてきましたが不思議とストレスはないんですよね。
それは妻も同様のようで、我が子のウンコはウンコじゃないという名言も出るほどです。

きっと私が仕事を続けて夜遅くまでの毎日を送っていたら、こんな心の余裕はなかっただろうなあと最近思うこともあります。
オムツだけではないですが、赤ちゃんのお世話も夫婦で助け合ってやってますし家事だってそうです。

少しでも片方に負担がいっていたらバランスは崩れて、日々のストレスも過多になっていくんでしょうね。
うちの妻はポロッと「あなたが仕事を続けていたら、私は絶対に産後うつになっていた」と繰り返しいうことがあります。

これから赤ちゃんはもっと活動的になっていくでしょう。
今はまだ寝ているだけで動くことはありません。でもそのうちハイハイもし出すんでしょうね。

私もこのまま仕事をずっとせずにいけたら良いとは思いますが、そうもいってられません。
世の中的にもっと育児がしやすく、子供も生みたいとおもえる社会になってほしいと願うばかりです。

全てが空振り!寝ぐずり対策

夜泣きと夜勤な毎日が復活して、結構夜がきびしくなってきました。
がっつり寝れていた時期が懐かしくもおもえるくらい、夜勤の頻度も増して行きています。

夜泣きで起きた時も、時間的にミルクをほしいタイミングと思い用意をしても哺乳瓶には目もくれずに泣きじゃくることも多々あります。

お風呂上がりには眠気が最高潮にきているはずなのに、眠たいけれども寝れないジレンマから寝グズりも頻発しています。
頻発と言うより、必ず毎回のように寝グズりが発生します。

なんとか寝ぐずり無しで、気持ちよく寝てもらおうと色々画策しますが有効打がいまだないのが現状です。

寝る直前のミルクの量を多目にしてみたこともあります。
昼間にうつ伏せトレーニングを長めにやって、疲労感をもってもらおうとしたこともあります。

お風呂の時間を早めてみたり、遅くしてみたりと時間的にどのように反応がかわるかも試してみました。

色々試していますが、全て空振りに終わっています。
運動や寝るタイミングでは寝ぐずりはおさまらないんですかねえ。

あまりにも涙をポロポロながしながら、ギャン泣きを続けるので可愛そうな気持ちになってしまいます。

まあ本人は泣きたいから泣いているので、好きなだけ泣いてもらう心持ちで居たほうが良いのかもしれません。
これも時が解決してくれるのを待つしかないような気がしてきました。

夜泣きと夜勤と同じように、毎日毎日ひとつひとつのことに集中していればそのうちおさまっているのでしょう。

夜中にニヤけてお目覚め

これまでご紹介したように、寝ぐずりとの格闘の末にやっと寝かし付けては夜泣きで何度も目覚めるという日々を続けています。

しかしこの日はちょっと様子が違いました。
いつもだったら夢中になってギャン泣きをするのですが、泣くと言っても「ふぇっ…」「ふぇっ…」と若干グズる程度です。

なにごとか?と赤ちゃんの寝床へいってみると私の顔をみたとたん「ニヤニヤ」にやけています。
いつもと違った雰囲気に謎でしかありませんが、とりあえず夜泣きではないので気分的に楽でもあります。

ともあれ時計は深夜の3時です。早めに寝てもらいたいな~・・・と内心思いつつ、赤ちゃんを抱っこします。

抱っこをしているとジッと私の顔をみつめています。
目が合うと「ニヤニヤ」「ニヤニヤ」と笑みをうかべます。

な、なんなんだ一体!可愛すぎますが初めての出来事に何が何やらです。
いつも激しく泣くだけに、調子でも悪いのかと心配になってしまいます。

でもご機嫌なのでカラダの調子が悪いとかでもなさそうです。
しかも目がしっかりと見開いているので、眠くなさそうにも見えます。

これは時間がかかりそうだな。と夜通しを覚悟して、あやしながら抱っこを続けました。
しばらくして瞼が重くなってきたようなので、もう暫くの辛抱と思い30分ぐらい粘ってやっと寝てくれました。

寝かし付けにも成功して、よし!寝れるぞと意気込み私も横になります。
私もそこそこ眠くなったので、眠気に襲われたくらいにまた「ふぇっ…」「ふぇっ…」と赤ちゃんがグズります。

また、赤ちゃんの様子を見に行って私の顔をみた途端に「ニヤニヤ」にやけています。
あれ?これデジャヴか??と思いましたが現実です。

この日はこんなやり取りを朝の6時までくりかえしました。
ご機嫌はご機嫌で何か変な気分です。こんな珍しい夜勤初めてだったので記事にしてみました。

生後151日まとめ

さて生後151日ですね。この日は久々に妻と私は別行動でした。
妻はポケモンGOしたいと言って、長めにお散歩いくと赤ちゃんと一緒におでかけです。

私は私で、久々に家中お掃除していました。正直言って全然掃除してなかったのでキタネー限りです。

最近はちょっと寝不足気味ですが、まだ我々高齢夫婦は倒れるわけにはいきません。
しっかりと赤ちゃんを支えなくてはなりません!

一方の赤ちゃんも日々成長を続けて、暴れることはないにしても少しずつ制御不能な部分も見え隠れしてきました。

やはり大変ではありますが、それよりも可愛いという気持ちは今も持ち続けています。
夫婦でもお互いサポートしあって、これまでやってこれているので多少の気持ちには余裕があります。

このペースでやっていければ良いなと思っていますが、そろそろ私も仕事さがさないとなんだよな(´・ω・`)