【1ヶ月健診】ついこの日が!「3,000グラム突破か?ドキワクの1ヶ月検診と巨大な赤ちゃんとの遭遇」(生後28日)

【1ヶ月健診】ついこの日が!「体重3,000グラム突破か?ドキワク検診と巨大な赤ちゃんとの遭遇☆鉄分の薬と外出許可など」(生後28日)

【1ヶ月健診】ついこの日が!「体重3,000グラム突破か?ドキワク検診と巨大な赤ちゃんとの遭遇☆鉄分の薬と外出許可など」

赤ちゃんが世に誕生してからは病院を退院して家で一緒に生活をスタートさせることが目標でした。
家での生活がスタートすると次なる目標は「1ヶ月健診」です。

我々夫婦がはじめての育児に全精力をかたむけて1ヶ月間ひたすらお世話をしてきました。

体重は気にせずのびのびと子育てをしてくださいと病院からは言われた気がします。
しかし赤ちゃんは低出生体重児ということで、どうしても体重は気になって毎日計測してしまいます。

家では誤差があるのでおおよその体重となりますが、病院ではきっちりはかってくれます。
3,000グラムという数字は我々にとってもう一つの目標でもあります。

赤ちゃんの健康状態と妻の帝王切開での経過についても気になります。
1ヶ月健診できっちり診てもらおうと意気込んで1日を開始させました。

ちなみに健診と検診は意味がちがうようですよ。
赤ちゃんの1ヶ月健診も、健康状態を診てもらうものなので「1ヶ月健診」が正しいです。

赤ちゃん密着24時(生後28日)

この日は少々便の量がすくなかったですが、その他はいつもどおりでした。
オシッコの量も多いですし、授乳も比例して同じくらいの回数です。

睡眠はまだ、まとまった時間ねてくれることはありません。
ミルクを飲むとウトウトとしてくれて寝てくれることもありますが、30分から1時間くらいで起きてしまいます。

体重は家の計測で3,000グラムを突破しています。
はたして病院では夢にまでみた、3,000グラムの王台を突破しているのでしょうか!

※ 空欄の行は泣いているか、寝ている時間とおもってください。
※ 表示が見切れている場合はスワイプすることで確認することが可能です。

時間 尿 便 授乳 その他
0時 2回 1回 ミルク40cc
1時    
2時 1回   1回
3時    
4時 1回   1回  
5時 1回 1回 ミルク40cc
6時
7時   1回  
8時   1回 1回  
9時 1回 1回 ミルク40cc
10時
11時 1回 1回 1回
12時  
13時 1回   1回 ミルク40cc
14時 2回   1回
15時 1回   1回  
16時
17時 1回 1回 1回 ミルク40cc
18時 1回 1回
19時    
20時 1回 お風呂
21時 1回
22時    
23時      
合計 14回 4回 14回 体重3,000g(前日比-150)【睡眠】約8.5時間 【体温】37.0度 ミルク240cc

身支度と準備で大忙し

1ヶ月健診の予約は11時半からとってあります。自宅から病院までは徒歩で5分くらいなので、だいたい15分前くらいには出発したいところです。

この日は6時に赤ちゃんが目覚めたので、1日をスタートさせます。
赤ちゃんのお世話をしつつ朝食やら洗濯やら、前日に準備した身支度も確認しているとあっという間の10時です。

丁度9時にミルクをあげたら赤ちゃんが寝てくれたので、我々も少し寝ようかと一眠りします。
30分くらい横になっていたら泣き声がして目が覚めます。

そろそろ向かう準備をしようか~と話をしていると、出かける直前にウンコきたました。
大慌てでオムツを交換して病院へと向かいます。

外は生憎の雨模様。病院はそれほど遠くないので赤ちゃんを抱きかかえつつ、足元を気をつけて病院へ向かいます。
まだまだ体が小さく、抱っこ紐はまだおっかないので近いし抱えていきました。

待ち時間中にギャン泣き→巨大な赤ちゃんと遭遇

予定通り病院へ到着して受付をすませます。椅子に腰をかけようとすると赤ちゃんが泣き出しました。

赤ちゃんあるあるでしょうか。座ると泣くんですよね・・・w
立っていなさぁああいと、怒られているかのように座るといつも泣き出します。

家ではすわっても立ち上がって縦抱きをしていれば落ち着きを取り戻すのですが、この日に限っては泣き止んでくれません。

待合いスペースに泣き叫ぶ声が鳴り響きます・・・。こういうとき結構あせりますよね。
たまらず院内をウロウロと赤ちゃんを抱きかかえながら歩きだします。

ウロウロしていたら、向こうから赤ちゃんを抱きかかえた多分フィリピンのお母さんが近寄ってきました。
大泣きしていたので目立っていたのかもしれません。なにやら心配そうな顔をして話しかけてきます。

フィリピンのお母さん「ソレ、チイサイダイジョブカ」
私「・・・ん?」
フィリピンのお母さん「コレ、オオキイ。ソレ、チイサイダイジョブカ」

・・・どうやら自分の子とくらべて、ウチの子があまりにも小さいのをみて心配で話しかけてくれたようです。

私「赤ちゃん、おおきいですね~!」
フィリピンのお母さん「オパイ。イパイデル。ソレノマセル。オキクナルヤレ。」
私「なるほど~!ありがとう!!」
フィリピンのお母さん「ソレ、チイサイ。ノマセル。オキクナルヤレ。」
私「うん。ありがとねー!サヨナラー」

フィリピンのお母さんはとても小柄でしたが、赤ちゃんがものすごくビックサイズでびっくりしました。。。

体重どのくらいなのかを聞いてみたら、うまく伝わらず多分出生体重をおしえてくれて4,700グラムだったって言ってました(´・ω・`)
うちの子の倍近くあるではないですか。すごすぎるー!

赤ちゃんの足の太さが、フィリピンのお母さんの腕の太さぐらい有りました。
めちゃめちゃ重そうにかかえていて「コレ、オモイ。タイヘンダヨ」っていってましたw

いやあ~、うちの子が泣き叫んでいて小さすぎるものだから心配で声をかけてくれたんですね。
こういう優しさってホントうれしいです。

未知の巨大赤ちゃんにびっくりしてか、うちの子も落ち着きを取り戻してきたようでした。
そして、待ち時間もだいぶ過ぎていたので呼ばれても気づける場所へと移動です。

1ヶ月健診スタート

名前をよばれたので、妻と一緒に私も病室へとはいりました。1ヶ月健診スタートです!

まず頭周りを計測です。「32.7センチですね」

次に身長をはかります。「51,7センチですね」

そしていよいよ体重です。「3,030グラムでした」

キターーー!ついに体重3,000グラム正式に突破していました!!!
この時はホントうれしかったです。この睡眠不足でフラフラだった1ヶ月が報われた瞬間です。

栄養状態もよく、健康ですと太鼓判もいただきました。

一方妻の帝王切開の傷の具合ですが、傷口がジュクジュクすると相談していました。
軟膏をぬっていれば問題ないでしょう。との見解で、傷口用の軟膏を処方されました。

そして赤ちゃんはケイツーシロップを飲んでいました。
それと合わせて本日から鉄剤を処方するので1日1回飲むようにしてくださいと言われました。

鉄分のお薬を処方された

病院から処方された鉄分のお薬ですが、オレンジ色の液体をしています。
帝王切開の出産などで早く生まれてしまった子や、低出生体重児の赤ちゃんに必要なお薬なんだそうです。

お薬の名前はインクレミンシロップといってケイツーシロップと同じ様な柑橘系の味をしているらしいです。

赤ちゃんは母乳や自分自身で鉄分を補うことができないのでお薬が必要と言っていました。
ただでさえ早く生まれたり、小さく生まれた子は成長のスピードをあげなくてはなりません。

成長するためには鉄分の消費がはげしいようで足りない分を補ってあげる必要があるようです。

これについてはまた別の機会にインクレミンシロップと低出生体重児の赤ちゃんについてまとめてみます。

質問タイム

1ヶ月の間に育児で感じた疑問や不安に思っていることなど悩みを質問してみましたので列挙します。

おへそは掃除してよいのか

へその緒もとれて、おへそが多少黒ずんでいるようにみえたのでお掃除してあげてよいのか聞いてみました。

→ 小児科の先生にみてもらって
「それほど深刻な汚さはしていないので、いつもどおりお風呂でやさしく洗ってあげる程度でよいですよ」と言っていました。

お風呂当番は私の役目なので、さっそく本日から少しずつ汚れをとってあげようと思います。

寝るとき赤ちゃんは電気明るいほうがいいの?

寝ている時に赤ちゃんが不安がらないように電気をつけていたのですが、それが正しいのか確認してみました。

→「基本的に自分たちも明るかったら気になって眠れないこともあるので、暗いほうが良いと思います」とのことでした。

確かにそうですね・・・。眠いのに部屋が明るかったら眠りに集中できません。
赤ちゃん自身の好みもあるとおもうので、さっそく暗くして試してみたいと思いました。

ミトンは寝てるときつけっぱでもよいのか

赤ちゃんが顔を爪でかきむしって傷だらけになってしまうので、手にミトンをしていたので質問してみました。

→「ミトンや靴下もですが、これも自分たちがつけていたら寝にくいと感じるはずです。それを目安にしてあげてください」と言われました。

これも言われてみればそうですね。赤ちゃんは温度調節で手足がつめたくなることもあります。冷たくなることは必要なことなので気にすることもないそうです。
問題はカラダが冷えてしまっているときです。その場合は気をつけてくださいと言っていました。

手足も動かしたいでしょうし、そろそろミトンもはずしてあげて小まめに爪をきってあげることにしました。

昼間ぐずることが多くなってきた。もしかしてミルク足りないのでは?

ココ最近眠れない日々が続いていて、母乳外来での助産師さんのアドバイスが間違っていたのではないかと。遠回しに聞いてみましたw

これまでの授乳の記録などをみせつつ、小児科の先生によると「ちょっとミルクが足りていないかもしれませんね」という見解でした。

ん~~やっぱり!って感じです。体重ももっと増えるはずですし、ミルクの量もふやしてよいかもしれません。と言っていました。
これまでの体重増加をかえして~~~!っていう気になりましたが・・・抑えましたよ。

ミルクの量をへらして母乳を増やす大作戦。大失敗!!

ミルクや母乳以外にお湯とかを飲ませたほうが良いのか

→ とくに母乳以外のものは飲ませる必要ないそうです。

何をしても泣き止まない時はどうしたらよいのか

→ 基本は授乳やミルクで、温度や湿度も考えてあげて下さい。抱っこして気分転換に外出するのも手です。

まあ、色々ためしてね!ってことでしょうかね。

赤ちゃんの毛髪量が少なくて心配です。ハゲますか?

→ ハゲませんよwだいじょうぶです。

妻が真顔で赤ちゃんの毛髪の相談をするので、あちらも笑ってしまったようです。
ハゲないそうです( ゚д゚ )

外出OKの許可キター!

健診での健康状態も良好なので、そろそろお散歩もして大丈夫ですよ。と言っていました。

というわけで、地域の育児サロンや赤ちゃん学級など積極的に参加したいと思います。お散歩もしなきゃですね。
抱っこ紐もつける練習しなければなりません。ちゃんと付けることできるかな~。

妊娠中も妻とはなしていましたが、赤ちゃんには色んな人と触れ合って欲しいとおもっています。
同世代の赤ちゃんもそうですが、地域の育児サロンにいくとスタッフの人もいます。

色んな人と出会ってもらって、交流をふかめて良くも悪くも経験値をたかめてもらいたいと願っています。
そういう意味では病院で出会った巨大な赤ちゃんのような触れ合いも嬉しかったです。

外出の許可も出たので予防接種や、お宮参りのことも考えないといけませんね!やることいっぱいだー

生後28日のまとめ

待ちに待った1ヶ月健診がおわりました。体重が3,000グラムを突破してホッとしているところです。

1ヶ月健診は妻が帝王切開のお産をした病院ですが、今後は予防接種などかかりつけの小児科を探さなくてはなりません。
鉄分のお薬も、忘れず毎日のませてあげなくてはなりませんね。

妻も傷口に塗る軟膏をもらったので一安心できるでしょう。

次なる目標は、助産師訪問かな。それとも地域の育児サロンかな。
はたまた予防接種か?とりあえずかかりつけの小児科さがさねばー!

天気の良い日はお散歩もできるので、私は抱っこ紐をつける練習をせねばなりませんな。

生後28日ということで、もうすぐ新生児も卒業で乳幼児にバージョンアップですね。
あ!お宮参りも日程調整しないとだな。やることいっぱい何から手を付けよう・・・。