【超高齢出産】40代夫婦の結婚と妊活「自然妊娠を目指して妊活する上での覚悟と偏見」

【超高齢出産】40代夫婦リアル妊活事情「自然妊娠を目指すための覚悟や偏見について考える!」

【超高齢出産】40代夫婦リアル妊活事情「自然妊娠を目指すための覚悟や偏見について考える!」

わたくし実は結婚する際ににも、結婚した後にもあまり子供の事に関しては真剣に考えていませんでした。
妻はかなり神経質で生真面目なところもあり、自身が40代ということについて言葉の節々で気にしていたように見受けられました。

実は妻は結婚する以前に、子宮内膜症の手術を経験していました。
その際に病院の方からも結婚や自然妊娠についてのリスクについても説明をうけていたようです。

そういったことからも妻は自身の年齢と、持病のことから妊娠と出産について縁遠いものとして捉えていました。
そして子供のことについて、私も気にしていなかったので深く話し合うこともありませんでした。

結婚して妊娠出産とスムーズにいくこともないと、私なりに自分たちの年齢のことについても多少なりとも意識することはあります。
ここではあまり語りませんが、真面目な人間ほど世間の目とか気になりますよね。妻の性格もそれに近いので触れずに居たことも事実です。

そして、世間一般には以下について色々と考えるところもあるのではないかと推測します。

  • 夫が高齢で、妻が若い
  • 妻が高齢で、夫が若い
  • 夫も妻も超高齢

※ この記事ではあえて明記していませんが高齢妊娠は35歳以上、超高齢妊娠は45歳以上というのが世間一般の捉え方として認知されています。

わたしは物事を深く考えずに気楽に考える傾向があります。 無責任な言い方をすると何事も楽観しています。だから色々ダメなんでしょう・・・。
良いように考えると、深く考えないからこそ 私と妻も40代で結婚して超高齢妊活を経て自然妊娠という結果にたどり着いたのかな。

話がそれそうなので元に戻しますが、世の中にはたくさんの夫婦がいて年齢の組み合わせについても色々とありますよね。
それぞれでいったいどんな不安や将来設計についての現実に直面してしまうのでしょうか。一緒に考えてみましょう。

夫が高齢で、妻が若い

夫が40代である場合は男性機能(精子の量や質)の低下を懸念する人も多いのではないでしょうか。

そういえば以前NHKスペシャルの「ニッポン精子力クライシス」という番組で、男性機能の回復についての特集があったのを思い出しました。

人間生活を営むうえで、やはり規則正しい生活と栄養バランスのとれた食生活というのは基盤となるようです。
そして適度な運動を加えると、精子の量や質など男性機能の回復が見込まれるという内容でした。

これには私も納得がいくことができました。
別に特別なことをしなくても、人間として本来あるべき姿を取り戻すためには生活習慣の見直しというものは大切な要素ですよね。

夫が高齢で、妻が若いという組み合わせの夫婦で子供を!という人は多いことでしょう。
また、前向きに慣れずに諦めてしまう人ともいるかもしれません。

加えて高齢であると、子供が大きく成人するまで健康を維持していけるのか不安に思うこともあるでしょう。
妻が若いとなると、夫に先立たれてしまったら子供のことは妻が全て面倒をみなければなりません。

生活費や育児にかかる費用、学費などの収入面でも不安がでてきますね。
運良く妊娠できたとしても、子供が生まれたあとのことを考えると考えることはつきません。

これらのことを事前に話し合ったり、ある程度見通しをたてて妊活を行うということも重要なことです。
夫婦で前向きに、お互いと子供のことを真剣に話すことができる良い機会と捉えて納得のいく結論を導き出してほしいです。

妻が高齢で、夫が若い

妻が高齢で、夫が若い場合はプレッシャーという問題もでてきます。
結婚して妊活に励んでも妊娠しなかったら、家族や友人の目や印象が嫌でも気になってしまいます。

なぜか世間一般では、高齢である妻が原因であると当たり前のように解釈してしまうのも問題ですよね。

何も言われないにしても、なにか励ましの言葉をかけられたとしても
どちらにしても年長者である妻にプレッシャーがかかってきてしまうでしょう。

女性の場合は高齢妊娠に該当されるのが35歳以上といわれています。
結婚適齢期として焦りだすのもその頃かもしれませんね。

ようやく結婚できたとしても、第2以降の関門である「妊活」「妊娠」「出産」が待ち構えているわけです。
これらの関門は必ずしも通らないといけないわけではありません。しかし、まだまだ根強く当たり前が定着しているのも事実でしょう。

更に、40代とものなると諦めに近い形で妊娠や出産というワードが飛び交っていることもあります。
リミットとしては35歳が自然妊娠、もしくは体外受精での挑戦というのが通説のような気がします。

それでも妊活して自然妊娠や、体外受精での妊娠を目指したいという高齢・超高齢夫婦は少なからずいるのも事実です。

その場合は、夫としてどのようにフォローできるのかが重要となってくるでしょう。
身内や親族からいかにして妻を守ってあげられるか。プレッシャーにならないよう注意してあげたいものです。

無事に高齢出産を乗り越えたとしても、赤ちゃんの育児は不眠不休でおこなうようなものです。
妻が高齢な場合は、夫が若い分ささえてあげれば体力的には緩和できる部分もあります。

自分たちの年齢や環境などを客観的に判断して、赤ちゃんが生まれたときのことも想像しながら実生活に落とし込んで考えてみるのも大切です。

妊活をするにしても予算や時間は限られています。
どのくらい続けるのか、駄目だった場合はどうするのか。真剣に話し合ってから進めてあげたいものですね。

夫も妻も超高齢

夫も妻も40代で結婚ともなると、不安要素は耐えませんね。
われわれ夫婦も、それに該当します。

お互いに高齢・・・というか、超高齢なことは残念ながら認めざるを得ません。
これまで取り上げた問題点が総じて、当然のように乗りかかってきます。

我々のように40代で子供が出来たとして、子供が20歳になったら夫婦ともども60代です。

はやく子供を授からないと!という具合に、お互いの両親や親族からも言わないまでも子供を期待されることもあるでしょう。
それとは逆に、妊娠以前に「孫はもう諦めている」というキラーフレーズをぶつけてきてもおかしくありません。

励ましのつもりでも「40代だから孫は難しいかもね」という言葉についても、気にしている夫婦ほど心に突き刺さるワードのひとつです。

少し斜めの方向に話を進めてみると、日本の少子化を食い止めるには結婚をした夫婦は2人の子供を授からないと人口を維持することはできません。
当然のことながら人口を増やすことを考えると、3人以上の子供を産まなければ増加の流れにもっていくことはできません。

私達夫婦は1人の子供で精一杯です。
ということは、生まれた子供が仮に結婚したとしたら日本の人口だけを考えると3人の子供を授からないと維持までもっていけないこととなります。

だいぶ、ぶっ飛んだ話になってしまいましたが何かに焦点を絞って考えると問題点だらけですね。

また、子どもが結婚適齢期のときに仮に赤ちゃんが生まれたとします。
そうするともちろん子ども夫婦は、赤ちゃんの育児に忙しくなりますね。

先程も触れたように、20代で子供が結婚して育児に勤しむとなったときに我々夫婦は60代です。
60代ですから認知症や、足腰がよわって動けなくなっている可能性も捨てきれません。

そんな具合に親が要介護状態になったとしたら・・・。
我が子は赤ちゃんの世話と同時に、親の介護もするという二重苦が待っているのかもしれないのです。

共に40代で超高齢妊活をスタートして妊娠、そして出産となると子供に育児と介護の負担を両方背負い込ませるような問題も考えられます。
もちろん共に40代の夫婦でなくとも、片方が高齢の場合は十分に考えられる出来事でしょう。

考えだしたら切りがないのが超高齢夫婦の結婚と妊活、そして出産です。
そのことを妊活前に話し合えている夫婦はどのくらいいるのでしょうか。

正直言って私達夫婦も、遠い未来の話について真剣に話し合えていたのかは疑問に思う部分もあります。

実際に育児にあたるとなったら体力的な問題は、かなり現実的に襲ってくるものです。
慣れない育児と、毎日の赤ちゃんとの生活は睡眠不足との戦いでもあります。

夫婦共に高齢ともなると、共倒れになってしまう可能性だってあり得ないことではありません。

前向きに生きていくことは確かに重要なことかもしれません。
しかし、ちょととだけ立ち止まってお互いの未来と生まれてくるであろう子供のことを考える時間を作るのも大切なことと言えるのではないでしょうか。

一定の期間を設けた妊活

なんだかんだ色々問題点をみつけようとすると40過ぎですし出てきてしまうものです。
でも夫婦で話し合って子供がほしいとなったら、個人的な意見ですが是非チャレンジしてみてほしいと思います。

私たち夫婦は1年チャレンジしてダメだったら諦めようと、事前に期間を決めて超高齢妊活をスタートしました。

とくにどこか病院へ行って検査後に妊活をスタートすることはありませんでしたが。
半年が過ぎて、1年が近づいてきたら病院へ相談することも考えたかもしれません。

妻も実は病気を患っていて妊娠には不向きと、ずっと自分を攻めていた感がありました。
精神的なストレスも考慮すると、事前に妊活の期間を設けるというのはとても大切なことであると振り返っても思います。

詳しくはまた記事にしたいと思いますが、我々夫婦は病院にもかからずに半年ほどで自然妊娠という結果は本当に奇跡だと思っています。
なにせ若さ溢れる20代の頃とは比較にならない、単純計算で倍の年齢の40代ですからね・・・。

特に世間では妊娠しない場合、妻に問題があると思われがちです。
そのためにも事前に病院などで夫婦共々検査してから妊活をスタートするのもよいかもしれませんね。

どちらに原因があるか無いかではなく、医師のアドバイスを元に生活習慣をあらためるなりの指導をもとに妊活を行えるからです。
妊娠力とは男女の精子と卵子の状態が総じて上下するものです。

妊娠に向けての原因がはっきりすれば、それに向けてお互い努力することも可能です。

精子の量や質(活発さ等)で妊娠への確率も大きくかわってきます。
本気で妊活に取り組むのであれば夫も積極的に検査に向かうべきでしょう。

たとえ、精子の量や活発さに低下がみられたとしても食事と生活習慣の見直しで改善できます。
夫婦で問題を乗り越えて自然妊娠して、出産ともなると喜びも倍増します。40代であればそれは尚更でしょう。

生活習慣をあらためたうえで、体外受精でさらに確率を高めるというやり方もあります。
いずれにせよ妊活を選択したら一定期間でも良いですから、夫婦で一生懸命取り組んでもらいたいです。

結果はどうあれ本気の度合いが高ければ高いほど夫婦の絆は深まるはずですからね。

自然妊娠にせよ、体外受精にせよ授かった命は一生懸命に取り組んだ時間に比例して赤ちゃんに対する愛情も深まっていきます。
困難な道のりなのは先の未来を想像すれば明白です。しかし、それで諦めるわけにもいかなかった事実もあります。

夫婦2人だけでなく、新しく誕生した赤ちゃんとともにどう乗り越えていくのか楽しんで考えられるとよいですね。


偏見との戦いも待っている

偏見は産後だけでなく、妊娠中や出産直後の病室からでも始まります。
担当の医師や助産師さんからの「40代でよく産む気になったね」とかちょっとした言葉に傷つくケースもでてきます。

入院中にヒソヒソと「隣のお母さんは40代みたいよ・・・」とか言う声も聞こえてくるかもしれませんね。
そんなことで気にする必要はないと思われるかもしれませんが、人によっては気になってしまうものなのです。

さらに無事に子供が生まれると、その他の家族と接する機会も増えてきます。
地域の子育て支援などの活動に参加してみると、若い世代のママさんが多く40代ということがわかった時点で「きっと話があわない」「上から目線できそう」などという偏見で仲良くなれなくなったりします。

これは実際にあったことですが、自然妊娠か体外授精なのかでも壁ができてしまうこともあります。

何度も体外受精を繰り返して、やっと授かった命であり出産も大変だった・・・という夫婦からしたら自然妊娠の人は眩しくうつってしまうようです。
ひょんなことから衝突した際に、今まで溜め込んでいた感情が爆発して「あなたのような自然妊娠の人とは合わない」という類のフレーズをぶつけられることだってあります。

高齢であがゆえの偏見というのも存在ます。口にしている本人は意識せずに話しているのでしょうが「40代だからお金持ってて子育て楽でしょ」「やっと出来た子供だからワガママに育てそうね」とか傷つく偏見を押し付けられてしまうと寂しい気分に襲われてしまいます。

これらは何も無理やり嫌な気分にさせようと捻出している例ではありません。
偏見や差別というものは、言っている本人は悪いとおもって口にしているわけではないことがあります。

子育てをしていると思考が狭くなって、自分たちのこと以外を意識することがだんだんできなくなってしまいがちだからです。
そんな中でも自分自身をしっかりもって、子供と共にこの社会でいきていくんだ!と覚悟するという意気込みも持ち得ていなければなりません。

自分が言いたくない言葉もポロッと口にしてしまい他人を傷つけることなんて、されたとしても自分はしたくないですよね。
相手ももしかしたら子育てが大変で疲れ切っていて、考える能力が低下している状態なのかもしれないと思えば多少許せることもでてきます。

はじめから、このような事態が起きることを想定していればダメージも幾分か少なく済むことでしょう。

周囲の心無い一言に惑わされないようにするのは高齢夫婦だけではありませんね。
ある程度のスルースキルを磨きつつ、前向きに超高齢妊活に励んで楽しい子育てライフに望むことが出来たらって思います。

偏見に押しつぶされないためにも、夫婦でしっかり話し合って湧き出た課題を乗り越えながら妊活にのぞむことも重要なのではないでしょうか。

妊娠をして出産、育児を経験すると色々な人格をもった人と同じ時間を過ごさざるを得ないことなんてよく出てくることです。
これは学校生活や仕事など、社会生活を営む上で避けて通れないことでもあります。

「あ~、こんな人ほんとにいたんだ」
「SNSでネタにできそうな怪物に遭遇したぞ!」

という具合に、自分の中で心を落ち着かせるキッカケ作って偏見や差別を真に受けないよう処理していけたら良いですね。