【高齢出産&妊娠】40代夫婦が妊活する上で必要な「覚悟」や直面するであろう「偏見」とは?

【超高齢出産&妊娠】40代夫婦が結婚して妊活する上で必要な「覚悟」や直面するであろう「偏見」とは?

【超高齢出産&妊娠】40代夫婦が結婚して妊活する上で必要な「覚悟」や直面するであろう「偏見」とは?

わたくし実は結婚する際ににも、結婚した後にもあまり子供の事に関しては真剣に考えていませんでした。
妻は多少、生真面目なところもあり自身が40代ということについて結構気にしていたように感じました。

気にしていることについて、私も深く追求しなかったので恐らくですが子供のことについてだったんだろうなと思います。
ここではあまり語りませんが、真面目な人間ほど世間の目とか気になりますからね。

そして、世間一般には以下については色々と考えるところもあるのではないかと推測します。

  • 夫が40代(高齢)で、妻が20代(若い)
  • 妻が40代(高齢)で、夫が20代(若い)
  • 夫も妻も40代(超高齢夫婦)

※ 20代でなくとも、要は片方が年下か年上という意味になります。

わたしは物事を深く考えずに気楽に考える傾向があります。 無責任な言い方をすると何事も楽観しています。だから色々ダメなんでしょう・・・。
良いように考えると、深く考えないからこそ 私と妻も40代で結婚して超高齢妊活を経て妊娠という結果にたどり着いたのかな。

ちょっとそれましたが、40代といっても組み合わせは色々とありますよね。
それぞれでいったいどんな不安や将来設計についての現実に直面してしまうのでしょうか。

夫が40代(高齢)で、妻が20代(若い)

夫が40代である場合は男性機能(精子の量や質)の低下を懸念する人も多いのではないでしょうか。

そして、一方の妻は20代ともなるとあまり不安要素は感じないかもしれませんね。
運良く妊娠したとしても、子供が生まれたあとのことを考えると子供が20歳になったら夫は60代です。

それまで健康を維持していけるでしょうか。夫に先立たれてしまったら子供のことは妻が全て面倒をみなければなりません。
生活費や育児にかかる費用、学費などの収入面でも不安がでてきますね。

妻が40代(高齢)で、夫が20代(若い)

妻が40代で、夫が20代である場合はプレッシャーという問題もでてきます。
結婚して妊活に励んでも妊娠しなかったら、家族や友人の目や印象が嫌でも気になってしまいます。

何も言われないにしても、なにか励ましの言葉をかけられたとしても
どちらにしても年長者である妻にプレッシャーがかかってきてしまうでしょう。

夫としてどのようにフォローできるのかが重要となってくるでしょう。

夫も妻も40代(超高齢夫婦)

夫も妻も40代で結婚ともなると、不安要素は耐えませんね。
われわれ夫婦もそうでした。

お互いに高齢・・・;;というのは残念ながら認めざるを得ません。

前述であげた問題点が総じて乗りかかってきます。

子供が20歳になったら夫婦ともども60代です。
お互いの両親や親族からも言わないまでも子供を期待されることもあるでしょう。

励ましのつもりでも「40代だから孫は難しいかもね」という言葉はかなり気になるかもしれません。

また、子どもが結婚適齢期のときに仮に赤ちゃんが生まれたとします。
そうするともちろん子ども夫婦は、赤ちゃんの育児に忙しくなりますね。

ここでさらに親が要介護状態になったとしたら・・・。共に40代で超高齢妊活をスタートして妊娠、そして出産となると子供に育児と介護の負担を両方背負い込ませるような問題も考えられます。
もちろん共に40代の夫婦でなくとも、片方が高齢の場合は十分に考えられる出来事でしょう。

一定の期間を設けた妊活

なんだかんだ色々問題点をみつけようとすると40代ですし出てきてしまうものです。

でも夫婦で話し合って子供がほしいとなったら、個人的な意見ですが是非チャレンジしてみてほしいと思います。

私たち夫婦は1年チャレンジしてダメだったら諦めようと決めて超高齢妊活をスタートしました。

とくにどこか病院へ行って検査後に妊活をスタートすることはありませんでしたが。
半年が過ぎて、1年が近づいてきたら病院へ相談することも考えたかもしれません。

妻も実は病気を患っていて妊娠には不向きと、ずっと自分を攻めていた感がありました。
詳しくはまた記事にしたいと思いますが、我々夫婦は病院にもかからずに半年ほどで妊娠という結果は本当に奇跡だと思っています。

特に世間では妊娠しない場合、妻に問題があると思われがちです。
そのためにも事前に病院などで夫婦共々検査してから妊活をスタートするのもよいかもしれませんね。

妊娠力とは男女の精子と卵子の状態が総じて上下するものであると思います。

妊娠に向けての原因がはっきりすれば、それに向けてお互い努力することも可能です。

精子の量や質(活発さ等)で妊娠への確率も大きくかわってきます。
本気で妊活に取り組むのであれば夫も積極的に検査に向かうべきでしょう。

たとえ、精子の量や活発さに低下がみられたとしても食事と生活習慣の見直しで改善できます。

夫婦で問題を乗り越えて妊娠して、出産ともなると喜びも倍増します。40代であればそれは尚更でしょう。
妊活を選択したら言って期間でも良いですから、夫婦で一生懸命取り組んでもらいたいです。

結果はどうあれ本気の度合いが高ければ高いほど夫婦の絆は深まるはずですから。


偏見との戦いも待っている

偏見は産後だけでなく、妊娠中や出産直後の病室からでも始まります。担当の医師や助産師さんからの「40代でよく産む気になったね」とかちょっとした言葉に傷つくケースもでてきます。
入院中にヒソヒソと「隣のお母さんは40代みたいよ・・・」とか言う声も聞こえてくるかもしれませんね。

さらに無事に子供が生まれると、その他の家族と接する機会も増えてきます。
地域の子育て支援などの活動に参加してみると、若い世代のママさんが多く40代ということがわかった時点で「きっと話があわない」「上から目線できそう」などという偏見で仲良くなれなくなったりします。

運良くなかよくなったとしても、本人は意識せずに話しているのでしょうが「40代だからお金持ってて子育て楽でしょ」「やっと出来た子供だからワガママに育てそうね」とか傷つく偏見を押し付けられてしまうと寂しい気分に襲われてしまいます。

子育てをしていると思考が狭くなって、自分たちのこと以外を意識することがだんだんできなくなってしまいがちです。
そんな中でも自分自身をしっかりもって、子供と共にこの社会でいきていくんだ!と覚悟するという意気込みも持ち得ていなければなりません。

自分が言いたくない言葉もポロッと口にしてしまい他人を傷つけることなんて、されたとしても自分はしたくないですよね。
相手ももしかしたら子育てが大変で疲れ切っていて、考える能力が低下している状態なのかもしれないと思えば多少許せることもでてきます。

周囲の心無い一言に惑わされないようにするのは高齢夫婦だけではありませんね。
ある程度のスルースキルを磨きつつ、前向きに超高齢妊活に励んで楽しい子育てライフに望むことが出来たらって思います。

偏見に押しつぶされないためにも、夫婦でしっかり話し合って湧き出た課題を乗り越えながら妊活にのぞむことも重要なのではないでしょうか。